読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ではなぜ購入したかなんですが、子供に試験の為のノートを作ったほうがいいのか聞かれ、私のやり方だけでは説得力がなかったらしく、ではこれがベストというノートのとり方を示してやろう、と思ったからです。ちょっと値段が高いですが、カラーで見やすいですよ。子供だけだなんてもったいない情報がいっぱいだと思いました。

早速ご紹介♪

2017年03月30日 ランキング上位商品↑

ポイント中学生の成績が上がる!教科別ノートの取り方最強のポイント55 [ 小澤淳 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

この本は、ノートの見本が各教科ごとにまるまるそのまま載っていてわかり易かったと思います。今まで!何となく思っていたことが端的に書いてあり!非常にすっきりした気持ちで読めました。一緒に読んでいこうと思いますこのような本があれば良いなと思ってました。書いたページも何が書いてあるのかわからないぐらいぐちゃぐちゃしていました。小学校高学年ですが、図解されているので本文を読まずともノートの取り方の良し悪しは分かったようです。内容も分かり易く、これから活躍しそうです。商品はカラーで良い例、悪い例など見やすく解りやすく書かれていて、子どもでも読みやすそうです。息子用に買いました。後は娘のやる気次第です。良書だと思います。最近導入された観点学習ではノートの取り方も通信簿の点に影響するのでこのスキルは重要です。本の内容は!昔してた事ばかりで!目新しい事は無いのですが!子供からしたら!説得力があるようです。早速、学校で試してみたら「先生に褒められた!」と喜んでいました。結果次第です。初めはまず、この本の中でも簡単そうな物を真似していたようですが、続けるうちに楽しくなってきたようで、教科ごとに、様々工夫するようになり、今回の試験前は、自分で作ったノートを見直しにも使っていたようです。。うちの子の気持ちには響かなかったので☆4つにします。娘にはもちろんのこと、小学4年の息子にも少しずつ実践させたい内容です(一気には無理なので…)。私は資格試験に向けて勉強中なんですが応用がきく部分が結構ありました。ゼロからのスタートだった子供ですが、具体例が書いてあるので、それを参考に自分なりにノートを作るようになっただけでも、購入して良かったなと思っています。なるほどなぁ…!なんて言いながら私も一緒に見ています。特に一人勉強ノートの作り方に苦労しており、言葉で説明するよりも、実際、どのようなノートの取り方があるのか、具体的に参考に出来るもの…と、色々探して辿り着きました。小5の長男はノートを全然とりません。私が学生だったらしっかり読んで、真似していたと思いますが・・同じ内容を口で伝えてましたが、親の言うことはあまり、聞いてくれませんでした。中学進学を控えた娘のために購入しました。私自身はよい内容だと思いますし、高校生でも参考になると思うので買ってよかったと思います。時間のない子供達で!勉強時間の割になかなか結果が表れないのは!ノートの取り方が上手でないと聞いていたのですが!頭の中で!1ページをどのように組み立てるか!試験前に見直せる自分ルール満載のノートは!子どもの自信にもつながるのかな?と思っています。今後の役にたってくれればといいですね。小学生ですが!参考になったようで!翌日の授業で先生にノートの書き方まとめ方を大変誉められ!みんなの参考になるように指導してたようです。なかなか徹底できないこともありそうですが、書いてあることのエキスを意識できるといいなと思います。もう少し安くても・・・と思いますが!教科別になっているし!実例が載ってるので仕方ないかな夏休みをダラダラ過ごしている娘に購入しました。中学生になって自己流のノートのとり方をしているため!今更この本を見せても!めんどくさいようでした。大人からみれば!当たり前な事や分かっていても実際難しい!といった内容でした。子供がやる気になるために購入しました。頑張ってみると言ってますので!買ってよかったです。こんな感じでノートを作ればいいんだ!と一つの参考になればと思い期待を込めてプレゼント。ありがとうございました。4月から中学3年生になる子供向けに「参考程度に読んでもらえれば」と思って購入したのですが!中身をよくよく読むと!カラーページをふんだんに使い!細かくポイントを紹介されていました。新中学一年生の息子に購入しました。内容はちょっと小学生には難しかったみたいですがこれを見せてから!長男のノートにバランスよく空間ができて見やすくなりました。コツが分かりやすく書いてあります。親が読むより先に子供が読んでいました。また普段使いの手帳にも活かせる部分が多く見られました。勉強と部活等の両立に難儀している!中学生の子どもに購入しました。良い本だと思います。すぐ読んでましたし参考になったようです。子どもも得意気でした。